ニキビ対策をする | すっぽん小町効果調査LABO~すっぽんサプリを徹底調査!

alt_02

ニキビ対策をする

ニキビができてしまうと、痛くなったり痒くなったりと、不快ですよね。一度よくなってもまた同じ場所にできてしまうなどを繰り返すこともあります。そうしていくうちに跡が消えなくなってしまうこともあります。
ニキビで困っている時には、すっぽんサプリを対策として使ってみるといいかもしれません。

肌の入れ替わりを助ける
すっぽんサプリには、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれています。DHAとEPAは青魚にしか含まれていないようにイメージされていますが、すっぽんにも含まれています。
血液が流れやすいようにしてくれる作用が期待されていて、細胞の元気さを保つのに役立つと言われています。DHAやEPAで血液が流れやすくなれば、全身の細胞に血液が届きやすくなって、その結果として肌の入れ替わりがスムーズに行われる可能性があります。
これが乾燥肌の対策になり、ニキビを防ぐのに役立つかもしれません。

ビタミンで肌のうるおいケア
肌の水分量が少なくなってしまうと、肌の入れ替わりの速度が遅くなりやすいです。
化粧水やクリームなどで肌を外側から保湿するだけではなく、保湿に役立つ栄養素を摂取して内側からうるおいケアをしてあげたほうがいい可能性もあります。
役立つ栄養素として、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンAがあげられます。すっぽんサプリにはビタミン類が含まれているので、うるおいケアに使ってもいいでしょう。
ビタミンB2は皮膚の入れ替わりの速度をはやめるように働きかける作用が期待できます。血管を強くして血液循環をよくさせるのに役立つ可能性があります。
ビタミンB6はたんぱく質の代謝に必要な栄養素で、肌の保湿に役立ってくれます。
ビタミンAは皮膚や粘膜の細胞分裂にかかわっている栄養素で、角質層の保湿機能を高めるように働きかけて、肌の入れ替わりのサイクルを正常に保つのに役立ちます。

肌の乾燥を防ぐのがポイント
ニキビの発生原因は肌の乾燥ということが多いので、肌を保湿してターンオーバーを正常に維持してあげるようにするといい可能性があります。
ただし、脂性肌の人はすっぽんを摂取すると栄養が多すぎてかえってニキビができてしまうケースもあるようです。

まとめ
肌の保湿をして、ターンオーバーを正常に保つためにすっぽんサプリでDHAとEPA、ビタミン類を補ってあげると、ニキビ対策になる可能性があります
内側からの保湿ケアに役立ててみましょう。

TOP