生理の悩み対策に使う | すっぽん小町効果調査LABO~すっぽんサプリを徹底調査!

alt_02

生理の悩み対策に使う

月に1度女性に訪れる生理は、人によっては痛みが強く出たり、イライラしたりするなど不快なトラブルに見舞われることもあります。
これに対して、すっぽんサプリを悩み対策に活用してみるといいかもしれません。

生理痛が起こるのはなぜか
赤ちゃんを妊娠しなかった場合、赤ちゃんのために用意された子宮内膜が剥がれ落ちて体外に経血と一緖に排出されます。これが生理で、子宮内膜を排出するときにプロスタグランジンという生理活性物質が分泌されます
プロスタグランジンは子宮を収縮させる作用があるため、生理痛が起こります。
冷え性の女性だと血液の流れが悪いので、プロスタグランジンが骨盤内に溜まって生理痛がより酷くなる可能性があります。

すっぽんサプリで冷え対策
すっぽんサプリはアミノ酸が含まれているので、脂肪を燃やす方向に働きかけます。つまり体温が上がりやすくなることが期待できるので、冷えた体が温められる可能性があるということです。
アミノ酸の中でも、アルギニンには血管を広げるように働きかける作用が期待されていて、血液の流れが悪くなりがちな女性に対しての対策ができる可能性があります。
プロスタグランジンが骨盤内に溜まってしまうのを防ぐように働きかけることが期待できるので、痛みの緩和が期待できるということです。

ホルモンバランス対策
生理でホルモンバランスや自律神経のバランスが乱れてしまうと、イライラするなど心への影響も出てくることがあります。
アミノ酸には、ホルモンバランスや自律神経の乱れの対策としても役立つ可能性があります。
更年期になると卵巣の機能が落ちてしまい、卵巣から分泌されるエストロゲンの量も減っていきます。ホルモンバランスが乱れるというのはエストロゲンが少なくなって起こることです。
すっぽんサプリに含まれているアミノ酸のなかのロイシンは、エストロゲンの量を高めるように働きかける作用が期待されています。更年期のときにエストロゲンが一気に減ってしまうのを抑えて量を保たせる作用も期待できるので、ホルモンバランス対策に役立つ可能性があります。

まとめ
プロスタグランジンによる子宮収縮時の痛み対策に、すっぽんサプリのアミノ酸で冷え対策をして、さらにホルモンバランスと自律神経の働きを整えるようにすることで、生理のトラブルを少なくできる可能性があります。
食事から補えない分を補助的にすっぽんサプリで補うという使い方をしてみると、いいかもしれませんね。

TOP